飛騨高山の大自然から生まれた三百年の味 老田酒造おいたしゅぞう 元祖鬼ころし

元祖鬼ころし 元祖鬼ころし

お知らせ

2017年12月08日
蔵開放を開催いたしました。
2017年10月16日
11月3日(祝)に蔵開きを開催いたします。
2017年10月07日
SAKETIMESにて弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。
2017年6月30日
28年度全国清酒鑑評会にて入賞いたしました。
2017年6月28日
ホームページをリニューアル致しました。

当社の商品はネット通販でもご購入いただけます。

公式オンラインストアはこちら
元祖鬼ころし

経歴 岐阜県高山市生まれ。
東京で映像機器のオペレーション業務に従事していたが、
平成7年結婚を機に帰郷し老田酒造店に入社。
歴代越後杜氏3人に師事。
精米、搾り、釜、麹など各持場の担当を経て
平成18年、前任者の引退を機に杜氏になる。

信条 麹・酵母が醸すもの。
杜氏蔵人は愛情を持って、良い醗酵環境を
整える努力をするのが職務。
自然を向き合い、感謝する気持ちを持ちたい。

趣味 暇さえあれば山に登ってます。好きな山は剱岳

元祖鬼ころし
元祖鬼ころし

酒類販売/Japanese Sake Shop

老田酒造店 小売部

営業時間/9:00~17:00
TEL.0577-32-0166

店内には「仕込み蔵」からの日本酒や焼酎が毎日直送。店限定の「純米大吟醸」や四季折々の季節酒が満載。
もちろん、元祖辛口「鬼ころし」もお楽しみいただけます。試飲販売のほか、ゆっくり店内でお酒を味わうことができるセットもございます。

連絡先

老田酒造店の始まり

1720年代(享保年間)に、今の岐阜県郡上市より飛騨の地に移り住んで、酒造りをはじめたと言われています。 元禄時代より幕府の直轄地であった飛騨地方は、酒造りが盛んな地域でした。 小作米と豊かな水を利用して、農閑期にあたる冬に酒造りをしていたのです。 後に、老田の造る酒は評判となり『鬼もころすような・・・』と比喩されていったのです。

老田酒造店【清見蔵】

平成3年に高山の中心部から、自然豊かな清見村(現:高山市清見)に醸造場を移転。使用する水は飛騨山脈の豊富な伏流水。使用する米は地元飛騨産の『ひだほまれ』をはじめとする酒造好適米。工場内は、高さが3階にまで届くほどの大容量のタンクがいくつも並び、温度センサーなどの最新装置により、24時間管理されています。

元祖鬼ころし

直営店
上三之町店

高山市にある古い町並みは、国の『重要伝統的建造物群保存地区』に指定されています。その中心にある『上三之町』に老田酒造直営販売店があります。 2008年7月に上一之町で展開してきた小売店舗を、高山市観光のメインスポットである「古い町並み」の中心地「上三之町」にある、1868年(明治元年)に建築された町屋「土川邸」を改装し、新たな小売店舗として新装オープンしました。清酒類をはじめ各種焼酎、地元アーティストの作品などの販売をいたしております。

元祖鬼ころし

お問い合わせ